札幌市白石区の鍼灸院|過敏性腸症候群(IBS),機能性ディスペプシア(FD),腰痛などご相談ください
ととのえ鍼灸院

Q&A

A:ほとんど痛くありません、痛いとしても爪楊枝で軽く突く程度です。

 

皮膚表面には『痛点』と呼ばれる痛い感覚を感じ取る器官が無数に存在します。

その痛点は、ある一定以上の刺激でなければ反応しないため、刺し方や鍼の太さなどを工夫することで刺激量を少なくし、痛みを最小限に抑えることができます。

 

鍼治療では0.16mm(髪の毛ぐらいの細さ)の極めて細く弾力のある鍼を使用いたします。

一般的に採血をする際に使う注射針が22ゲージ(0.7ミリ)なので、注射針の4分の1以下の細さです。

 

さらに先端の形状が注射針とは違います。

 

注射針は、先端が刃物のように鋭利になっているため、切るように刺入します。

一方、鍼灸の鍼は先端が丸く、入っていくような感覚です。 

 

ただ、全くの無痛とは言い切れないため、大体、10本刺すと1本位チクッと感じるぐらいとご理解ください。

また、鍼治療には特有の『ひびき』といわれるものを感じることがあります。

この感覚は言ってみれば、凝り固まったところを鍼先のピンポイントでおされているような感覚です。

ズーンと体に響いてくる感覚なので、もし苦手な際にはひびきが出ないように工夫致しますので、お伝えください。

 

A:ご安心ください。

当院の鍼はすべて使い捨ての鍼を使用しています。

感染症などの心配はございません。

事情により当院までお越しになれない方は、保険または自費にて往診も可能です。
詳しくはこちらをご確認ください。

訪問治療

A:当院は自賠責保険に対応しています。

当院は自賠責保険を使い治療することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

交通事故による治療

A:普段着で大丈夫です。

当院では専用の患者着がございますので、必要であればお着替えをして頂いております。

服装はお着替えしやすいものがお勧めです。

A:治療は予約制となります。

治療をスムーズに行うため、予約制での治療となります。

当日でも予約枠に空きがあればご案内可能ですので、一度お電話下さい。

 

TEL 011-875-9550

(ホームページをみたとお伝えいただくとスムーズです。)

A:店舗前に4台ございます。

運転が苦手な方でもゆとりをもって停めていただけます。

A:条件付きですが、妊娠していても治療を受けられます

ご予約の際に妊娠していることをお伝え下さい。

 

ネットの情報の中には、鍼治療が母体や赤ちゃんに悪影響という情報も流れていますが、そのような実例はありませんので、ご安心ください。

むしろ、赤ちゃんが育っているお腹の環境、つまりお母さんの体の状態がいい方が、お腹の赤ちゃんも快適です。

 

妊娠中は腰痛や肩こりなど体の状態も不安定になりやすい為、しっかりケアすることが大切です。

ですが、通院中のご負担を考え、安定期以降(16週)〜臨月直前(35週)までの方に限らせていただきます。

 

A : お出ししています。

お会計の際にレシートを発行しております。

レシートは領収書としてお使いいただけます。

 

鍼灸治療は医療費控除の対象となりますので、レシートの保管をお勧めしています。

  • 診療案内
    受付時間:平日:9:00~12:30、15:00~19:30 土曜:9:00~14:00 休診日:日・祝
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】 札幌市白石区 厚別区 豊平区 清田区 中央区 北区 東区 手稲区 南区 江別市、北広島市、恵庭市、苫小牧市、南幌町、滝川市、釧路市、北見市、余市町、美唄市、
  • スタッフのブログ
  • Twitter
  • お気に入り
  • LINEからでもご予約いただけます!
    LINEからでもご予約いただけます!
  • 整動協会
  • ツボネット
Twitter